萩原の家

三方向を幅の狭い道路に囲まれた変形敷地に建つ住宅です。
切妻屋根をかけて軒の高さを抑えた3つのボリュームを、道路から引きをとって配置しました。
そうすることで、スケールを周囲の古い集落に馴染ませながら歪な敷地形状に無理なく対応させ、明るく風通しの良い環境となるようにしました。
内部は切妻屋根の下、光に満ちた大らかなワンルーム空間を内包しています。

 所在地   :愛知県一宮市
 用途    :個人住宅
 構造/規模 :木造/地上2階建て
 施工会社  :名古屋建物株式会社
 撮影    :VA 岡村靖子